博多帯と組紐の万年筆袋

お客様より依頼のメールを頂きました。

「七宝焼の万年筆を買いました。それを入れる袋を作ってください。」

(高価な品物らしい)

 

「脇差、懐刀を入れるような感じでおねがいします。」

「博多帯と組紐でおねがいします。」  

(脇差?? この日より ネットでお勉強)

 

「あと べっ甲を発注してありますので 

べっ甲を生かしたいのでよろしく。」

(べっ甲とは??? お勉強)

 

何度も何度も来店していただき 打ち合わせ

(お客様の想い入れに応えたい!!)

 

3ケ月後完成

うーん ”よく頑張った” 

 

『ホームページにのせて下さい。』 がお客様の言葉でした。

ありがとうございます。

 

万年筆ケース

さらさべっ甲飾り付き袋